2015年1月10日土曜日

オーティス・クレイのライヴ盤

仕事場から20分ほど歩いて、世田谷線に乗った。

道すがら、オーティス・クレイ・ライヴを聞きながら。

やはりリハーサルからオープニングのところ。

何度聞いてもぞくぞくする。
赤い血が猛烈に身体をかけあがって
青い血に変わるような思い。

クレイ、バンドのみずみずしさもさることながら
お客さんの反応一つひとつが、とても素直だ。

ライヴ盤と銘打って、MCは入っているのに
客席の声が小さい、あるいはほとんど聞こえない。
あれはいただけない。

ステージ、観客、スタッフそろってこそ、三位一体でのライヴ。

O.V.ライトのピンチヒッターできたクレイにとまどいはあっただろう。
そして本当はO.V.を待っていたはずのお客さんには、
それほど期待していなかった人もいたはずだ。

そんなスリルもまたこのライヴには
潤滑油として左右した。

私自身、このライヴは見ていないのだが
高校から大学にかけて本当によく聞いた1枚だ。

家にあるレコードは、針飛びしている。

大学のサークルには、このライヴをMC含めアタマから完コピしている人たちがいた。

日本語詞も傑作だったなぁ。

浅川マキは“Trying Live  Life Without you”を
「あなたなしで」という日本語詞で歌っているけど
それに負けないくらいよかった。

しかし、そうした思い出を差し引いても
ソウル・ミュージックのエネルギーにあふれるスーパー・ショウ。
負の部分をまったく感じさせないアルバム。

当時を知る人たちの記念品で
終わらせてしまうのは、つくづくもったいない。



0 コメント:

コメントを投稿