2015年1月6日火曜日

新しい年

あけましておめでとうございます。

旧年中はお世話になりました。

本年もよろしくお願い申し上げます。

今年こそは、という区切りも変ですが

ブログもぼちぼち書いていこうと思います。

年末年始は休み明けまでの仕事もなく、
久しぶりに実家で4日間。

妹夫婦が元旦から伊勢参りにでかけたため
齢八十を超えた母と、いまだ独り者の弟と
所在ない私のみ。
スーパーで2000円ほどのお刺身のお造りを頼んだほかは
おせちも小さく小さくなりました。

大晦日に、全日注文したお造りをスーパーに取りに行く。
「昨日、お刺身をお願いした●●ですけど」と
売り場にいた
ひょろひょろと背の高い白い作業衣の青年に声をかける。

あ、はい。と奥に行き、楕円の皿に載ったお造りをもってきたが
頼んだはずの、マグロのさくはない。

「あら、マグロもお願いしたんですけど」
と首をかしげると
そこにありますから、と魚売り場のケースを指さす。

あるには、あるけど、頼んだやつじゃないでしょ。

まあいいけど、こういとき
「お切りしましょうか」
とか、そういう気はまわらないんだねえ。

私も父親に気がきかないとよく怒られたものではあるが。


こたつの各々のポジションに足を突っ込み
身体を小さく折ってしばし横になって目をつむっていると
時計の針の音と、庭のりんごをついばみにきた
ヒヨドリの声だけが聞こえます。

そういえば、昔はにぎやかだった
子どもたちの声もすっかりしなくなりました。

こうしてだんだん家は老いていくのでしょう。

それでも日頃は老母としか会話のない弟が
車の中で「何、きく?」
と言いながらボビーブランドやジュニア・パーカーをかけたり
2日に私の息子が来たときに
楽しそうに電気の話をする様子に
少しほっとしたものです。

息子Yくんが作った音楽ゲームにiPadで挑戦する母。
こたつのテーブルを片手で叩いてリズムをとりながら
アドバイスを送るYくん。

2つ★しか獲れなかったのに
その結果、4★になったときの母のうれしそうな顔。

ゲームもいいものだねえ。

家にとらわれるわたし。
家に守られているわたし。

ドメスティックな話題をSNSにあげるのは
なんとなく気が引けたのだが
あげてしまった。

少し後悔している。



0 コメント:

コメントを投稿