2014年6月13日金曜日

ブルース水

朝起きて、カーテンをあけたら
久しぶりに青空の気配がする。

ベランダに出たら
空気がそわそわしていた。

光が跳ねていた。

ジャズのお店 を まわる。

本日 5か所。

いわゆるモダン・ジャズの類は
ブルースに比べたら、そんなに聞いていない。

なぜ、わたしが、と思わないでもないが
同じように音楽
そしてブラック・ミュージックが好きな一人として
お話を伺うこととする。

大学生のときだったか
いや、あれはまさか高校生だったのか。
ジャズ喫茶に突撃して
おしゃべりし、イヤな顔されたことを思い出す。

傍若無人。

あなたに足りないのは謙虚さ、と、友は言った。

すみません。

吉祥寺に着くと
ほどなく晴れた夏空にわかにかき曇り
大粒の雨が降ってきた。

街は不安に襲われたが
また何もなかったように
陽が照りつけ、
道行く人もまた何もなかったように
夏をむさぼる。

私もいい気分で
駅に向かって歩いていたら
素朴な若い女の子に声をかけられた。

「この中でよく使う言葉はなんですか」

きれい、かわいい、ありがとう、ごめんなさい

裏返せばいとも簡単に
般若となる言葉が目につく。

水にこれらの言葉を貼ると浄化されるのです、と
メガネの素朴ガールは言った。

あぁ、ありがとう水と、ばかやろう水とかいうやつか。

そして、とても良い気がでています。
いま転機にあります、
素直な方ですね
と路上勧誘お決まりのトーク。

しかし、なんと雲ひとつない無垢な笑顔なのだ。

あぁ、むしろ私はこの素朴ガールを救ってさしあげたい。

水にブルースという紙を貼って
飲ませてさしあげたい。

ありゃ、まさにMuddy Waters.
あるいはVoodoo Waterか。

そんなことを素朴ガールの問いかけも上の空で考えていたら
「こんにちは」
と、もう一人素朴ガールがやってきた。

おっと、あぶない。

「お名前だけでもお聞かせください」
と、素朴ガールその2は言ったが
いやいや名乗るような者ではございませんと
私は信号が変わるや横断歩道を渡った。


0 コメント:

コメントを投稿