2014年1月26日日曜日

片づけられない娘

土曜日。

天気予報では盛んにサクラが咲く頃の暖かさですと
おねえさんがニコニコしながら吹聴していたが
まったく当たらず。

曇り空でさぶい。

仕事する。

金がじゃぶじゃぶ余っているという発言を聞く。
本当か。

ごろごろでなく、ざぶざぶ、でもなく
じゃぶじゃぶ、である。びっしょりではないか。

下請けや社員が休み無しで働いているからこそだ。
そしてそこのところの賃金は減る一方である。

皆、気づいているわけではないのか。


と、夕方、母とF彦くんやってくる。

神田明神、増上寺、市ヶ谷の亀ヶ岡八幡宮など回って蕎麦を食べてきたとのこと。

母のご朱印帳はいっぱいになった。

F彦くんには、母の面倒などみてもらっており
申し訳ない部分も多い

少し日本茶を飲んでおしゃべりしたが
申し訳ないが少し仕事続ける。
その間
惨状を見かねて、ダンボールをしまったり
掃除機をかけたりし始める。

眠いといってFくん、正座し
頭だけ床に突っ伏して
ごめんなさいの格好で休んでいる。

うちはそれぞれのスペース優先であり
皆が集う場所も椅子も足りないのである。

むか~しは、皆が集まる家にしたいと思ったモノだが。

よく「家は汚いのよ」と社交辞令で言う人がいるが
本気で家は汚いのだ。

小さい頃から整理整頓だけは苦手であった。
落とし物の鉛筆は、だいたい私のものであった。

引き出しは開けたら開けっ放し。
カバンの中に入れたものは、どこかに埋もれてしまう。
本はうずたかく積み上がり、やがて崩れる。

以前より少し修正はされたものの
片づけを始めると、脳内でエラーブザーが
びー、びーと鳴り始めるのがわかる。

それはそうと
片付けがいたたまれないので
2つ向こうの駅まで行き夕飯。
結局、よくあるパスタ屋さんに入った。

Yくんが、
ゴルゴンゾーラとはちみつのピザを注文。
アメリカの友人が好物だとかで
ハチミツをかけて食べる。
パンケーキのようだが、なかなか美味しい。

Yくんと、F彦くんは
最近の電子音楽、アイゲンハープや
ビートの変遷など盛んに
音楽談義に花を咲かせていた。



0 コメント:

コメントを投稿