2011年7月21日木曜日

ミッティ・コリアのゴスペル コミュニティに生きる

昨年来日したパスター・ミッティ・コリアの新作アルバム、今日発売!
CDにDVDまでついて2,940円は安い!

DVDのダイジェストが観られるので、是非ご覧ください。

http://p-vine.jp/music/3418

ミッティ・コリアというシンガーは、もともとソウル・ミュージックを歌っていた。
1960年代には 「I Had A Talk With My Man」といったヒットも飛ばしている。

だが、その後、ゴスペルを歌うようになり
現在はシカゴに自身の「モア・ライク・クライスト教会」を持つまでに至った。

ゴスペルといえば「天使にラヴソングを」のような大人数のクワイアを
想像する人が多いかもしれないが、ミッティの場合そうした派手さはない。

しかし、むしろ地域の人たちに寄り添って歌うとはどういうことなのか、
生活の中にある信仰とは、ゴスペルとはなんなのかを教えてくれる。

ありのままのゴスペルという感じがする。

よく聞き上手は話上手というが
地域の人たちの声に耳を傾けることが
本人が意識しているかどうかは別にして
どんなに根気のいることか。

そして彼女はおそらく聞き上手であるからこそ
話(説教)、そして歌声もまた胸をうつのだろう。

昨年来日したときに、言葉の壁を越えようと
ミッティは通訳をステージに上げた。
さすがに歌の同時通訳はかなわなかったけれど
とてもよい試みだったと思う。

また震災の際には、だれよりも長い励ましのメッセージを
雑誌に寄せてくれた。
ヴォーカリストで、今回の字幕なども担当したティーチャーこと高橋誠さんによれば
彼の蓄膿症の手術を知って、その間ずっと海の向こうで
MAKOTOのために祈り続けてくれたそうな。

そういう真面目で、まっすぐな人なのである。ミッティ・コリアは。

たくさんの人に聞いてもらいたいとプロモーションをしているが
まずはゴスペルを歌っている人に耳にしてほしいし、
震災に遭った方はもとより
日々、行き場のない鬱々とした想いを
心の中にかかえている方々に
届けたい歌声だ。

0 コメント:

コメントを投稿