2011年5月3日火曜日

細野晴臣 Hosonova コンサート

5月1日 日比谷公会堂

日比谷公会堂の階段をあがっていくと
ごった返すロビーからラッパが聞こえてきた。
救世軍の社会鍋だった。

会場が日比谷公会堂というのが
まずすてきだ。
昭和4年築というから
母親と同じ年齢だ。
「開場式で、新聞を破いた音が参加者全員に聞こえた」
とWIKIはある。
それほど、音の響きに繊細な会場なのだろう。

1階席と2階席のシート数がほぼ同じなのも面白い。
東京育ちの細野さんにとっても
思い出のある場所なのかもしれない。

ボビーブランドとゲイトマウス・ブラウンの最初の公演も
確か、この公会堂だった。
感極まってステージ下まで駆け寄った友人が
ボビーから頬にキスを受け、
花束をもらって帰ってきたのも
懐かしい思い出だ。

細野さんは、
黒い蝙蝠傘で顔を蔭にしながら
下手より登場。
最初は高田漣、コシミハルとのトリオで2曲ほど。

リラックスしたいのか
細野さんの足もとは、バブーシュのような靴に裸足(だったように見えた)
そして「おしゃれじゃないとね」
ということで、メンバーの衣装は基本“ボーダー”。

続いてSAKEROCKなどで活躍する伊藤大地のドラムと
伊藤航のウッドベースが加わる。

「リハではうまくできたんだけどね」
と、おなじみのセリフ。
問わず語りのような細野さんのMCも
ゆったりとした時間の一部だ。

皆、すごく丁寧に演奏していることが
視覚的にも伝わってくる。
だがそれでも
「Smile」のようなスタンダードは
もうひとうねり、欲しい感じ。
気持ちが開放しきれないじれったさが残る。

しかしそうした中で
最初から最後まで一貫して全体を引っ張っていたのが
高田漣のプレイだ。
彼はもう紛れもない、もう一人のティンパンアレイですね。

「ガイガーカウンターを買って測定してるんですけど」
上がったり下がったり、まぁちょっとずつ漏れてますよね。
コンサートやライヴに来るのは大丈夫。

などと言いつつ、クラフトワークの
「Radio-Activity」を。

「テクノをアコースティックでやるとこうなります」

よどみながら揺れているようだ。

「ギター持たされるとギター弾きます」
「YMOではベース持たされるんで、ベース弾いてます」

さてお待たせ!
鈴木茂、林立夫が呼び込まれる。
途端にサウンドが立体的にスパークし始める。
五角形にも十角形にも時には球形にも姿を変えて。

愛用の赤いストラトに
エフェクターやスライドを駆使しながら
ちょっとやんちゃな面もみせる、鈴木茂のギター。
シンバル一つ、ブラシ一つ、色っぽく歌うミッチのドラムス。

そこにさらに矢野顕子が加わっての
「終わりの季節」。これは素晴らしかった。

あの「終わりの季節」だからなのか、
あるいは、細野さん自身も「豪華だね」という
このメンバーだからなのか。
いずれにしても一枚の絵が見えた。
景色に酔った。

ここで余韻が残る中、矢野アッコちゃんのソロコーナーへ。

細野さんの曲をたくさん歌ってきたけどそれは
「いい歌が多いから」
「そして価値が変わらないからです」
と微笑んで、「無風状態」と「風をあつめて」の2曲を。
この人はフォルテシモとピアニッシモで
空気を変えてしまう。
やっぱり本当にプロフェッショナル。
圧倒的だ。

でもなんだかトリビュートみたいだよ、と
少々せつなくなる一瞬も。

再びメンバーがステージに集まり
細野さんも椅子から立ち上がり
ギターを抱え軽くステップ。
「香港ブルース」「Pom Pom蒸気」と
おなじみの曲が続く。

さらに矢野顕子に代わり、佐藤博が加わり
「ブギだね」となれば
こちらのテンションも登り調子だ。

佐藤さんはハックルバック時代に
私にブルースへの扉を開いてくれた一人。
(間接的にですが)
そりゃ個人的にもテンション上がります。

しかし、欲を言えば
ホールじゃなく、中華街のレストランとか
どこぞのサロンなどで
「蝶々サン」に手拍子など打ちながら
ほろ酔いで盛り上がりたい。

細野さんは
今や雲の上の人のような扱いになっている
ところがあり
お客さんもその一挙一頭足を見逃すまいと
固唾を呑んで見守っているような雰囲気がある。

ちょっともったいない。
ちょっと窮屈。

そんな中「タイタニック!」
「はっぴいえんど!」
と合いの手を入れてた、おじさん達のグループは
楽しそうだった。
「エイプリルフール!」には
さすがの細野さんも「古いヨ」と苦笑い。
するとすかさず、やや小さめの声で
「キャラメルママ!」と
畳みかけてたのには笑った。

しかし、盛り上がってきただけに
アンコールは「はらいそ」一曲なのは残念だったな~。
バリバリとしたのを1曲と
バンドでスタンダードを一曲聴きたかった。

それでも拍手に応え、
へのへのもへじが描かれた
暖簾を使ってのご挨拶をみせてくれた
細野さん。

植木等よろしく
おどけて踊りながら
はけていった後ろ姿を目にやきつける。

表へ出ると、日比谷は小雨だった。

WOWWOWの中継車が来ていたので
いずれ放送があるかもしれない。

0 コメント:

コメントを投稿