2017年2月21日火曜日

シモキタとダッカ

息子いわく
生まれ育った下北沢とバングラデシュ(正確にはダッカか)は似ているそうだ。

まさか、と笑い飛ばそうとしたが
写真を見せられて、確かに似ているとおもった。

今のセンター街化した南口じゃなくて
90年代までの一番街あたりかな。

間口の小さな店と看板が肩を並べ
道の両側からそれぞれに話しかけてくるような、あの感じ。

人々は、時に目をみはるようなカラフルな服で
思い思いに歩いている。

将来はバングラデシュに引っ越そうかな
とうそぶく彼にニヤリとする。

「ということは教育効果があったってことだな。
生きていくと、いろんな人がいる。
人生は混沌としているってことを教えたかったから」

サラリーマン家庭ばかりがひしめく街で
子育てはしたくなかった。
できれば、八百屋も魚屋も服屋も畳屋もある商店街で
ミュージシャン、劇団員、会社員も医者も工員の子もいるような
渦の中で育ってほしかった。

漁村では、農村では、炭鉱町ではどうなのか。
当時はそこまで思いが至らなかったが
とにかく背広を着た会社員の子どもしかいないのは
物足りないと思ったのだった。

結果として、わたしたちは銭湯の上にしばらく暮らすことになった。

息子が期待どおりたくましくなったかどうかは
わからないが、とりあえず人生いろいろは
感じているような気がする。

そんな彼に本棚から
どうぞと『下北沢ものがたり』を貸した。




0 コメント:

コメントを投稿