2011年1月18日火曜日

わが心のカナリア諸島

発売されたころは、大瀧さんの『ロングバケーション』が
あまり好きになれなかった。

あのころ、ブルースに夢中だった、というだけじゃない。
軽い、というのか心地よすぎて
しっくりこなかったのである。

さすがに最近は楽しんで聴いているけれど
でも今日はじめて、あぁこういうことかと気づく瞬間があった。

それも電車が江戸川や荒川を渡るとき。
都会にしては少しばかり広い空と、
きらきらきらきら冬の太陽にきらめく川面と、
高速道路と。
その時、ヘッドフォンから聞こえていたのは「カナリア諸島にて」だった。
南洋の楽園とは似ても似つかない光景なのだけれど
私には、遠い楽園が束の間見えた気がしたのだ。

手の届かない楽園だ。
ぼくはぼくの岸辺で生きていく、それだけという言葉が
いつになく、心の中にさわさわーっと広がってせつなくなった。

当時、この曲はシングルのB面。A面は「君は天然色」だった。
思い出はモノクローム。
色をつけるのは結局自分。

0 コメント:

コメントを投稿