2017年2月2日木曜日

運河のそばへ

◆取材

日本語教師、ホームステイ受け入れをしている方と
帰化してバリバリものづくりビジネスを展開する方への取材。

期せずしてお二方とも
同じ釜の飯を食う、家でも居酒屋でもいいから
一緒にごはんを食べたり、飲んだりすることから
生まれる関係の楽しさを語っておられた。

一方的にもてなすという堅苦しさはどうなのだろうと
「おもてなし」という発想に
疑問を投げかける話も面白かった。

時と場合によっては
おもてなしは、もてなす側の自己満足だったり
押しつけだになってしまったりすることもあるだろう。

この日は動画ニュースチームと一緒だった。
動画プロジェクトを始めた身には
機材や撮影の様子がとても気になる。
今は、キヤノンの一眼レフに
あれこれ取り付けたカメラ一台。
サブが一台と軽装だ。

ああ、機材がほしい。
じっくり編集がしてみたい。
何より撮影センスがほしい。

◆運河沿い

取材終了後、界隈を軽く散策する。

海に流れ込む手前の小さな川と運河。
船だまり。
工場の間を通り抜けたどんつきには小さな公園がある。
集まってくる野良猫たち。
捨てられたのか、血統書でもついてそうな猫も
ちらほら混ざっている。

水門はどこも行く手を阻むものだと思っていたら
呑川水門は
階段を渡って向こう岸に通り抜けられるようになっていた。
こんなに近くで水門を見上げたのは初めてかもしれない。

人気はほとんどない。
たまに、すれ違うとすればそれはみんなおじさんだ。
自転車のカゴに乗せた缶コーヒーの口から
たぷったぷっと
中味をばらまきながらどこかへ行く、そんなおじさん。

川も海も好きだが
運河は生活の匂いが近い。
だから、なおのこと好きなのだろう。

海も川も時に果てしなくさみしすぎる。

0 コメント:

コメントを投稿