2014年8月19日火曜日

捜し物はなんですか

盆休みらしい休みはないのだが
他から連絡が少ないので気持ちは楽だ。

今年後半のちょいと気の張ったプロジェクトに備え
デスク周りを清掃。

主にごみ捨て。

疲弊す。

やってもやってもごみの山だ。

小さいころから、落とし物のえんぴつがありました、
と言えば、私の名前が書いてあったものだ。

と某社からメール。

請求書を送ってほしいとのこと。

正確には請求書を受け付けるため
身分証のコピーと
登録用紙を送ってほしいというものだ。

ファクシミリか郵送で。

それが受領されてから、改めて請求書を発行する。

はっきり言って、かなりめんどくさい。

しかし私は昨年一度登録したはずだと思い
問い合わせたが、該当が見当たらないという。

どういうことだ腑に落ちぬまま
改めて用紙に記入し、証明書をコピーする。

と。

印鑑がない。あるべきところにない。

ない、ない、ない。

あるべきところどころは3度見た。
カバンも全部見た。
引き出しも全部ひっぱりだした。

でも、ない。ない、ないぞ。

疲弊す。

途中、Skypeで連絡があったものの、もはや上の空だ。

もういちど、積んである本をどけ
積んであるラックをおろし
せっかく整理したかに見えた床の上はぐちゃぐちゃだ。

泣きたい。

呆然。

印鑑、作り直すのだろうか。
あれは何か登録に使ったんではなかったっけ。

昔は、ないものは無いと
あきらめるのが早かったが
お金もなければ時間もない今は
「絶対、ある」「あったんだから、ある」
と言い聞かせるようにしている。

あきらめきれず
もう一度、ラックをどけて棚の下に手を伸ばしてみた。

あ!あった。

印鑑は床の上にごろんとしていた。

少し空いた大事なものバッグのチャックの間から
するりと落ちて転がっていたようだ。

茶色い印鑑袋をイメージしていたのに、袋は黒色だった。

いやになる。

自分が。

この年齢になったら少し治ることはあっても
大きく改善するということはないのだろう。

私がいつもそばにいてほしいのは
私の面倒を見てくれる人。




0 コメント:

コメントを投稿