2011年10月16日日曜日

中学校でブルースかよ!

ちょっと前になるけど7日金曜日。高円寺。

『イマドキの[部活動]中学校の現状に問題提起!』





































思いがけず、音楽の授業でギターを教えることになった深田さん。
ギャランティは「給食」という
ある意味プロに対してあるまじき条件の中で
とまどいながらも生徒たちと
ブルース・セッションをやることを提案し
ギター1本「スウィート・ホーム・シカゴ」をぶちかます。

もちろん、というか、やはりというか
生徒たちはぽかーん。
だが、シンプルな3コードから始まったセッションは
いつしか突然現れた場違いなミュージシャンと
中学生たちの距離を縮めていくことになる。

深田さん自身は決してブルース・シンガーではないが
ご自分の視点で“ブルース”をとらえて
15歳の子どもたちに直球で投げかけているところが
すごくよいなぁと思った。

まさに私の考える一人一人の中にある
“ブルースを感じるもの、それがブルース”に
通じる感覚にひかれた。

何度か学校の取材をして感じたのだが
学校という場所は、
さまざまなオトナの思惑が渦巻く所でもある。
地域だったり、政治だったり、時には企業だったり
いろんな影響を受けて成り立っている。

そこに深田さんはミュージシャンらしい直感で
こうしたほうが、おもしろいよね
このほうが、気持ちいいよね
これならモチベーションあがるよね!
というやり方を持ち込んでいる。

ごくごく自然なことなのに
学校という現場では
意外に見過ごされていた何かがそこにある。

さらに。

ロック・ミュージカル「ヘアー」でデビューし
プロデューサーやディレクターとして
華やかな世界で仕事をしてきた
深田さんは、40歳をすぎて
ストリート・ミュージシャンになった。

さらに子どもたちと出会ったことで
50にしてロック・バンドを始めることを決意する。

不機嫌で、気まぐれで、でも悩み多き15歳とのやりとりは
自分がこれからどうして生きていこうと
真剣に考える50歳との
コール&レスポンスにも見える。

だからこそ本もライヴ感がある。
ただの教育論ではないからおもしろい。

ブルースというキーワードを通じ
思いがけずステキな方に出会えたことに感謝!である。


◆深田悦之さん公式サイト
http://home.a00.itscom.net/edge/index.html



0 コメント:

コメントを投稿